直葬(火葬式)に最低限必要なものってご存知ですか? NPO家族葬の会【直葬プラン】 ※直葬とは、火葬のみを行う一番簡略化された葬式です。 詳しくはこちら

コラム

2011年9月 8日 木曜日

大鵬(2)

大横綱大鵬の文字については、前回言いましたが、正しくは「大鳳」でした。しかし、命名した人の考えも受けた大鵬本人の考えも解かりませんから、それ以上のことを言うことはできません。私としては、本人は大鵬の意味がわかっていたと信じたいところです。問題は、大鵬という大横綱が言葉の意味を変えてしまうのではないかということです。
大鵬の全盛時代に高校生だった私は、学校の先生に『大鵬』の出典と意味を教わった記憶がありました。ちょっと調べたいことがあって、「大鵬」とその出典である「斉諧」を調べましたが、「大鵬」はただ伝説上の大きな鳥だと言う以上の意味は出てきません。「斉諧」も荘子の本だという以上の意味は出てきません。日本人の漢字=記号的な考え方が、中国の古典を理解するのを妨げているのではないかと危ぶんでいます。
はっきりと知りたくなった私はヤフーの知恵袋に、この辺りのことの教えを請いました。回答はなんともがっかりです。「そんなことはどうでもいい。大鵬という横綱がいたということでいいではないか」と言うのです。「大鵬」に込めた荘子の気持ちや考えを想像してみるのは、それ自身だけでは何のとくにもなりませんが、「鵬」の字の意味を知らないよりは知ったほうが楽しく豊かな知識だとは思いませんか。そして楽しく豊かな知識は人生を楽しく豊かなものにするのではないでしょうか。
昔、府中の国際通のスナックに友人と入ったときのことを思い出しました。その店のカウンターの中にいた女性(多分ママ)がアオザイを着ていたのです。アオザイはいわずと知れたベトナムの民族衣装です。私は、何かベトナムとの繋がりやベトナムに対する思い入れが話として聞けるかと期待し、「アオザイだね」と話を向けました。何と彼女の答えは「え?なにそれ」というものでした。華やかな色彩の美しいベトナムの民族衣装を着ていた彼女は、ただたんにきれいで自分に似合うと思ってそれを買ったのだそうです。ベトナムについての薀蓄でも語ってくれたら楽しい夜になったろころですが。

投稿者 NPO家族葬の会

関連サイト

住所
〒183-0012
東京都付中市押立町4-14-72

受付時間
24時間、365日受付対応

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ